メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

次官に岡本氏 「最強官庁」立て直し急務 人事迷走3カ月

 財務省の幹部人事がようやく固まった。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る文書改ざん問題などの影響で一時迷走したが、本命視されていた岡本薫明主計局長の次官昇格で落ち着いた。約3カ月にわたって次官不在という異常事態が続いた財務省。新体制では、前代未聞の不祥事で信用を失った「最強官庁」の立て直しが急務となる。

 岡本氏は1983年入省で早くから次官候補と目されてきた。同期には文書改ざん問題を巡り昨夏以降、国会…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです