メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

交渉不調なら「報復」 EUの通商問題で発言

 【ブエノスアイレス清水憲司】トランプ米大統領は18日の閣議で、欧州連合(EU)との間で「公正な通商協議ができないなら、米国は自動車を含め極めて大きな報復措置をとる」と述べた。ユンケル欧州委員長との首脳会談を25日に控え、検討中の自動車・同部品の輸入制限をちらつかせて脅しをかけた格好だ。自動車を巡る米欧協議の成否が日本メーカーにも大きな影響を与える可能性がある。

 トランプ氏は「EUは農産物や自動車で巨大な貿易障壁を設けている」と改めて批判。市場開放に向けた進展…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文554文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです