メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

21日開幕 保護主義への対応議題 新興国通貨安も

 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、アルゼンチン・ブエノスアイレスで、21、22日に開かれる。トランプ米大統領が仕掛ける「貿易戦争」は世界経済のリスクとなっており、会議では保護主義への対応や、一部新興国で進む通貨安などが主要議題となりそうだ。【岡大介、ブエノスアイレス清水憲司】

 国際通貨基金(IMF)が16日に発表した最新の世界経済見通しで、2018年、19年の世界経済の成長率をともに3・9%と前回(4月)見通しから据え置いた。だが、米国が仕掛ける「貿易戦争」が「短期的に最大の脅威」と指摘。報復合戦になれば、世界全体で国内総生産(GDP)を約0・5%押し下げると試算した。「貿易戦争」は通商にとどまらず、世界経済全体に悪影響を与えるとの懸念が強ま…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです