メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
プラスチック危機

深海魚も汚染深刻 大西洋沖調査、微小プラ検出率は70%

 世界的な海洋汚染が問題になっている微粒子マイクロプラスチックが、陸地から遠く離れた大西洋の深さ300~600メートルにいる深海魚の体内にも蓄積していることを、アイルランド国立大の研究グループが突き止めた。検出率は全体の70%超と高く、調査した7種全てから見つかった。

     いずれも数が多い魚で、マグロやイルカ、海鳥などの餌となる。グループは「マイクロプラスチックにはポリ塩化ビフェニール(PCB)などの汚染物質が吸着しやすい。深海の生態系や、魚を食べる人間の健康にも悪影響を与えかねない」と警告した。

     グループは2015年4~5月、カナダ東部・ニューファンドランド島の約1200キロ沖合で、体長3センチほどのハダカイワシの仲間やヘビトカゲギスなど7種、計233匹の深海魚を捕獲。消化管にあるマイクロプラスチックを調べ、73%に当たる171匹から平均2個程度が見つかった。検出率も大西洋で行われた以前の調査の11%より高かった。

     6月の主要7カ国首脳会議では、欧州連合とカナダが海のプラスチックごみ削減の数値目標を盛り込んだ文書を採択したが、日本と米国は署名を拒んだ。


     ■ことば

    マイクロプラスチック

     大きさ5ミリ以下のプラスチック。ごみとして海に流れ込んだ包装容器などのプラスチック製品が、壊れるなどして発生する。マイクロビーズや、化学繊維のくずもある。環境中の有害化学物質を吸着する性質があり、誤飲した鳥や魚などへの影響が懸念される。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです