メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

こつこつと手伝う=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 西日本豪雨災害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

    ◇   ◇

 今回の災害のニュースを見て、心を痛めた人は多いだろう。同時に「自分になにができるのだろうか」と迷い、無力感を覚えることもあるのではないか。寄付はできる。でも、次にどうしたらいいのだろう、と。

 私は、東日本大震災の翌年の2012年に気仙沼に来て、6年以上がたつ。西日本豪雨災害と東日本大震災では、被害の性質も規模も異なるが、参考になる部分もあるかもしれず、東北で学んでいることを書いてみる。

 まず、被災した地域が復興し、日常を取り戻すまでには、想像以上に長い時間がかかる。越えなくてはいけな…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです