メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ルノー会長に仏ミシュランのスナールCEO ゴーン被告後任で人事案
ニッポンの食卓

第3部 それって健康?/6 解明進む黒酢の効果

屋外に並んだつぼの中に原料を仕込む職人たち=坂元醸造で、川畑さおり撮影

 桜島を望む工場の敷地に大きな陶器のつぼがズラリと並ぶ。鹿児島県霧島市福山町にある黒酢醸造メーカー、坂元醸造(鹿児島市)の「壺畑(つぼばたけ)」ではこの日、春の仕込みの最終日を迎えていた。職人たちが手分けして蒸し米、地下水、米こうじを手際よく54リットルのつぼの中に仕込んでいく。

 ●江戸時代の製法で

 つぼ造り黒酢発祥の地として知られる福山町。江戸時代後期の1800年ごろ、つぼによる米酢造りが始まり、今も当時の製法が守られている。春と秋の年2回、三つの原料を屋外のつぼに仕込み、太陽光を利用して1年以上かけて発酵、熟成させる世界でも類のない製法だ。三方を山に囲まれた町は年間平均気温が18度と発酵に適した温度で、良質な地下水が豊富にある。こうした環境に恵まれ、昔から米酢造りが盛んだった。

 醸造技師長の蔵元忠明さん(65)は「黒酢造りは『子育て』と呼んでいる。つぼの中は毎日『顔色』が変わ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 26歳の阪神・原口文仁捕手、大腸がん公表
  2. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも
  3. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. さいたま女性死亡 逮捕の前橋市職員との交際巡りトラブルか 市長、記者会見で陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです