メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

橋本忍さん 100歳=「七人の侍」「砂の器」脚本

 「羅生門」「七人の侍」などの名作を手掛け、日本映画を代表する脚本家だった橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日、肺炎のため死去した。100歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長女綾(あや)さん。

 旧国鉄勤務を経て、伊丹万作監督に師事。黒沢明監督と脚本を共作した1950年の「羅生門」がベネチア国際映画祭金獅子賞を獲得。「生きる」「七人の侍」「隠し砦の三悪人」など黒沢作品に数多く参加した…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです