メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

橋本忍さん100歳=脚本家「生きる」「七人の侍」

橋本忍さん=2008年撮影

 映画プロデューサーで、黒沢明監督の作品などの脚本家として知られた橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日、肺炎のため死去した。100歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長女で脚本家の綾(あや)さん。

 兵庫県生まれ。第二次世界大戦開戦前後に軍隊で肺を病み、療養中に伊丹万作監督に習作シナリオを送る。伊丹門下で脚本を学び、黒沢監督に芥川龍之介の「藪の中」を脚色したシナリオを見てもらう。それを1950年に黒沢監督が「羅生門」として映画化。映画はベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞する。以降、小国英雄さん、菊島隆三さんと共に黒沢作品の脚本を手がけ「生きる」「七人の侍」「生きものの記録」「蜘蛛巣城(くものすじょう)」「隠し砦(とりで)の三悪人」「悪い奴ほどよく眠る」を共同執筆。黒沢監督の全盛期を支えた。

 社会的なメッセージを込めた骨太の物語が特徴。戦犯に問われた兵士の苦悩を描いたテレビドラマ「私は貝に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです