メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウの表面、地球に落ちた隕石と異なる特徴

リュウグウ表面の8メートル以上とみられる岩塊の分布(緑の印)=JAXA、近畿大など提供

高度を下げる運用を開始、詳細観測へ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、小惑星リュウグウに到着した探査機はやぶさ2が、初めてリュウグウへ向けて高度を下げる運用に取り組んでいることを発表した。今秋以降の着陸に向けて、リュウグウを詳細に観測する。また、これまでの観測でリュウグウの表面が、これまで地球へ落ちてきたどの隕石(いんせき)とも異なる特徴があることも分かったという。【永山悦子】

 はやぶさ2は6月27日、小惑星リュウグウの上空20キロに到着。カメラなどによる観測を開始した。初の…

この記事は有料記事です。

残り2162文字(全文2406文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです