メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

「最強官庁」立て直し急務 人事迷走3カ月で決着

 財務省の幹部人事がようやく固まった。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る文書改ざん問題などの影響で一時迷走したが、本命視されていた岡本薫明主計局長の次官昇格で落ち着いた。約3カ月にわたって次官不在という異常事態が続いた財務省。新体制では、前代未聞の不祥事で信用を失った「最強官庁」の立て直しが急務となる。

 岡本氏は1983年入省で早くから次官候補と目されてきた。同期には文書改ざん問題を巡り昨夏以降、国会…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文831文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです