メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

タリバンと交渉画策 アフガン打開迫られ

今年6月にアフガン政府との一時停戦に応じたタリバンのメンバーら=東部ナンガルハル州で、ロイター

 【ワシントン会川晴之、ニューデリー松井聡】治安が悪化する一方のアフガニスタン情勢を巡り、トランプ米政権が、武装闘争を続ける旧支配勢力タリバンとの直接交渉など、大胆な政策変更に踏み切る可能性が取りざたされている。米国は昨年8月、タリバン掃討のため数千人の兵員増派を柱とする新戦略を発表し、今年2月からは空爆を強化。だが一向に状況は改善せず、トランプ大統領が強い不満を持っていることが背景にある。

 「そう、まさにその通りだ」。トランプ氏は今月12日、訪問先のブリュッセルでの記者会見で「アフガンの…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです