メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海が初黒星 3敗は4人

高安に敗れ1敗となり、支度部屋で報道陣の質問に答える御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月19日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所12日目は19日、ただ一人勝ちっ放しだった関脇・御嶽海は大関・高安の逆転の突き落としに屈し、土がついた。高安は勝ち越しを決め、カド番を脱出した。平幕の栃煌山と朝乃山はいずれも敗れ3敗に後退。他に3敗は大関・豪栄道と平幕の豊山で計4人。十両・安美錦が通算873勝目を挙げ、勝利数で大鵬(元横綱)を抜き歴代単独8位になった。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです