メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

カド番大関の執念 高安、御嶽海降す

御嶽海(右)を突き落としで降す高安=ドルフィンズアリーナで2018年7月19日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所12日目は19日、式守勘太夫の軍配は御嶽海に上がる。この瞬間、関脇・御嶽海が12連勝で初優勝に王手をかけたはずだった。しかしカド番大関の高安が土俵際で見せた執念を、勝負審判は見逃していなかった。

 物言いがつく。協議の結果、審判長の阿武松親方(元関脇・益荒雄)が「高安の指が残っており、行司軍配差し違え」とアナウンスすると、大歓声が上がった。押し出されたかに見えた高安は、俵にかかった右足一本で…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです