メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/4 ひとり暮らしの突然死 特殊清掃の現場を訪ねた

故人の月別支出額のメモ。突然死の現場には、人生最後の生活がそのまま残されている=滝野隆浩撮影

 ひとり暮らしの世帯が社会に増えれば「特殊清掃」という仕事のニーズは高まる。突然死して発見が遅れれば遺体の腐敗は進むのだから。部屋に死臭が充満し、体液は流れ出す。私たちが特殊清掃の実態をあまり知らないのは、その当たり前の事実から目をそむけていたからなのだ。見ないふりをしてきた。遺品整理業「アイシン」(千葉市若葉区)専務の笠原勝成さん(49)と現場を歩きながら、ずっとそんなことを考えていた。

 現場はリアルである。「死」は突然やってきて、その瞬間で現場の時間は止まっている。時計と、その時つけ…

この記事は有料記事です。

残り2401文字(全文2647文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです