メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全英オープン

[速報]日本人最上位は池田の1アンダー18位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

全英オープン 初日

PGAツアー第39戦 全英オープン/スコットランド カーヌスティ・ゴルフリンクス

 アンガス(スコットランド)で開幕した全英オープン。日本人選手は松山英樹、小平智、宮里優作、池田勇太、時松隆光、秋吉翔太、谷原秀人、市原弘大、川村昌弘、小林正則の10人が出場している。日本人最上位は池田の1アンダー18位タイだった。

MORE:全英オープンの最新スコアはここをクリック!

 池田は現地時間の8時14分に1番ホールからスタート。2番パー4でバーディを先行させたが、3番パー4をボギーとした。4番パー4でバーディを取り返し、6番パー5でもバーディを加えたが、7番パー4と9番パー4でボギーを叩き、前半をイーブンパーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4と13番パー3でバーディを加えた。15番パー4をボギーとしたものの、この日のスコアは5バーディ、4ボギーの1アンダー70(パー71)。首位と4打差の18位タイとまずまずのスタートを切った。

 そのほかの日本人選手は、宮里がイーブンパー32位タイ、小平と時松が1オーバー50位タイ、松山と谷原が4オーバー110位タイ、秋吉と川村が6オーバー137位タイ、市原が7オーバー141位タイ、小林が11オーバー154位タイだった。

ケビン・キズナーが5アンダー66(パー71)でプレーし、後続に1打差をつけて単独首位に立った Photo by Sam Greenwood/Getty Images

 初日終了時点で首位に立ったのは、ケビン・キズナー(米国)。1イーグル、4バーディ、1ボギーの5アンダー66でプレーし、後続に1打差をつけた。

 首位と1打差の4アンダー2位タイに、エリク・バン・ルーエン(南アフリカ)、トニー・フィナウ(米国)、ザンダー・ロンバード(南アフリカ)の3人が続いている。

 首位と2打差の3アンダー5位タイに、ブランドン・ストーン(南アフリカ)、ライアン・ムーア(米国)、ブレンダン・スティール(米国)の3人が並んでいる。

 前年覇者のジョーダン・スピース(米国)は、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの1オーバー72でプレーし、首位と6打差の50位タイ。

 世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)は、1バーディ、3ボギー、1トリプルボギーの5オーバー76でプレーし、首位と10打差の129位タイ。

 3年ぶりに全英オープンに出場したタイガー・ウッズ(米国)は、3バーディ、3ボギーのイーブンパー71でプレー。首位と5打差の32位タイだった。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 訃報 中尾栄一さん88歳=元自民党衆院議員
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです