メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

南スーダン避難民キャンプ ここで待つしかない

うつろな瞳で外を見るジョージ・マルティクちゃん(3)。栄養失調の症状を見せ、顔にたかるハエもはらえない

 ひび割れた荒野に太陽が照りつけ、砂煙が舞い上がっていた。温度計は45度近くを示し、噴き出す汗さえすぐに乾く。南スーダンの首都ジュバから国連機で約2時間半。北部の中心都市ベンチウは、内戦で反政府勢力の拠点となり、戦闘が相次いでいる。家畜の奪い合いも火種のひとつだ。4月に訪れると、街には戦闘で焼かれた車や戦車が無残に放置され、ほとんどの商店は閉ざされていた。

 「兵士は子供や女性にも銃を乱射した。周りには多くの遺体が折り重なっていた」。犠牲者が約400人に上…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1323文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです