メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

国有形文化財、建造物9件登録へ 旧宮川家住宅主屋など /岐阜

 旧徳山村(現揖斐川町)にあった古民家「旧宮川家住宅主屋」や「藤田家住宅」(岐阜市東材木町)など、県内の建造物9件が新たに国の登録有形文化財に指定される見通しとなった。文化庁の文化審議会が20日、文部科学相に指定答申した。県内の国登録有形文化財(建造物)は252件になる。【岡正勝、高橋龍介】

 旧宮川家住宅主屋は1890(明治23)年ごろの建築。徳山ダムの建設に伴い、1987年に旧徳山村戸入から関市小屋名の県百年公園に移築された。

 養蚕用とみられる明かり取りの窓や、村で盛んだった紙すきの専用部屋「カミヤ」が設けられている。豪雪対…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです