メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

明治維新150年の問い=保阪正康

コラージュ・松本隆之

「ありえた日本」という視点

 明治維新150年ということで、このタイトルの講演依頼が続いている。私の意見が独自、あまり聞かないということで興味を持たれるのはいいのだが、歴史にイフを持ち込むのはおかしいとの固定観念から抜けられない質問に、私は鼻白むのだ。学問としての歴史ではなく、私たちの先達が生きた姿を確認するのに多様な方法があっていい。

 幕末から明治維新、この移行期に日本には4タイプの国家選択の道があった。むろん人によっては、もっとい…

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  3. 社説 菅官房長官の記者会見 自由な質問を阻む異様さ
  4. 勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か
  5. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです