メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

明治維新150年の問い=保阪正康

コラージュ・松本隆之

「ありえた日本」という視点

 明治維新150年ということで、このタイトルの講演依頼が続いている。私の意見が独自、あまり聞かないということで興味を持たれるのはいいのだが、歴史にイフを持ち込むのはおかしいとの固定観念から抜けられない質問に、私は鼻白むのだ。学問としての歴史ではなく、私たちの先達が生きた姿を確認するのに多様な方法があっていい。

 幕末から明治維新、この移行期に日本には4タイプの国家選択の道があった。むろん人によっては、もっとい…

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです