メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メルケル独首相

米との関係「最重要」 欧米対立解消に意欲

毎年、夏期休暇前の恒例になっている記者会見に臨むメルケル独首相=ベルリンで2018年7月20日午前11時31分、メルリン・ズグエ撮影

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相は20日、国内外メディアを対象にした夏期休暇前恒例の記者会見で「米国との関係は我々にとって最重要だ」と述べ、米国と外交対話を通じた関係改善を目指す考えを強調した。

 トランプ米大統領はドイツの対米貿易黒字を批判し、多国間協力の象徴であるEUを「敵」と呼んで、対EU制…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです