メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

「日本の投資 雇用創出」 米・車輸入制限 公聴会で特命公使

 トランプ米大統領が米通商拡大法232条に基づき指示した自動車や自動車部品の輸入関税を巡り、米商務省は19日、公聴会を開いた。日本や欧州連合(EU)など輸入元の政府や業界団体だけでなく、米国内からも異論や批判が噴出した。ただ、トランプ氏は国内外の反対論を押し切って強硬な通商政策を進めてきた経緯があり、今回もその姿勢を貫く可能性がある。

 「日本からの自動車や部品の輸入は、米国の安全保障上の障害になったことはなく、これからもない」。日本…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです