メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小堀鴎一郎さん

医療界の中枢から町の在宅医 個々の死を深く見つめて 往診の現場や患者の姿、著書に

 日本は「多死社会」に向かっている。国は在宅医療を推進し、終末期に際しても、医療や介護の多職種が連携するシステムが作られつつある。「人の死をマニュアル化しなければ、数がこなせない時代が来る」。そう憂う医師の小堀鴎一郎さん(80)は、著書『死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者』(みすず書房)で、死に向かう人々の最期の日々を記した。【三輪晴美】

 異色の医師だ。医療界の中枢で外科医として腕をふるい、国立の医療機関で院長まで勤め上げた後、民間病院…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです