メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小堀鴎一郎さん

医療界の中枢から町の在宅医 個々の死を深く見つめて 往診の現場や患者の姿、著書に

 日本は「多死社会」に向かっている。国は在宅医療を推進し、終末期に際しても、医療や介護の多職種が連携するシステムが作られつつある。「人の死をマニュアル化しなければ、数がこなせない時代が来る」。そう憂う医師の小堀鴎一郎さん(80)は、著書『死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者』(みすず書房)で、死に向かう人々の最期の日々を記した。【三輪晴美】

 異色の医師だ。医療界の中枢で外科医として腕をふるい、国立の医療機関で院長まで勤め上げた後、民間病院…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです