メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、初賜杯へ王手 豊山、朝乃山残った

豪栄道(左)を送り出しで破った御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月20日、大西岳彦撮影

13日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 1敗の関脇・御嶽海が大関・豪栄道を送り出しで破り、初優勝に王手をかけた。豪栄道は4敗目を喫し、2回目の優勝の可能性がなくなった。豊山は3敗同士だった栃煌山に押し出しで勝った。朝乃山も妙義龍を寄り切って3敗を守った。14日目で御嶽海が栃煌山に勝てば優勝。敗れても、豊山と朝乃山がともに黒星ならば優勝が決まる。平幕の千代の国は左肘内側側副靱帯(じんたい)損傷のため休場した。

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文1926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです