メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、初賜杯へ王手 豊山、朝乃山残った

豪栄道(左)を送り出しで破った御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月20日、大西岳彦撮影

13日目(20日・ドルフィンズアリーナ)

 1敗の関脇・御嶽海が大関・豪栄道を送り出しで破り、初優勝に王手をかけた。豪栄道は4敗目を喫し、2回目の優勝の可能性がなくなった。豊山は3敗同士だった栃煌山に押し出しで勝った。朝乃山も妙義龍を寄り切って3敗を守った。14日目で御嶽海が栃煌山に勝てば優勝。敗れても、豊山と朝乃山がともに黒星ならば優勝が決まる。平幕の千代の国は左肘内側側副靱帯(じんたい)損傷のため休場した。

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文1926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです