メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「たいしたことない」過信禁物 熱中症、子ども守れ 学校にエアコンを

熱中症対策のため、教室のテレビを使って行われた終業式=名古屋市西区の市立なごや小学校で2018年7月20日午前8時53分、大西岳彦撮影

 <access>

 異常な暑さが続く中、熱中症による児童・生徒の搬送が相次いでいる。夏休み中もプールや部活で登校する機会は少なくない。安全なはずの学校でなぜ事故が起きるのか。大人は何ができるだろうか。【中村かさね】

 「教員たちは正常性バイアスが働いていることを自覚すべきだ」と教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は指摘する。

 正常性バイアスとは、異常事態が起きても「たいしたことではない」と過小評価して平静を保とうとする心の…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1393文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです