メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

井岡、9月に現役復帰戦 米ロスで 4階級制覇目指す

 プロボクシングで世界3階級を制覇し、昨年末に現役引退を発表した井岡一翔(29)が20日、東京都内で記者会見し、9月8日に米国・ロサンゼルスで再起戦を行うことを発表した。昨年4月以来の試合で、今後はスーパーフライ級で日本男子選手初の世界4階級制覇を目指す。【来住哲司、村社拓信】

 記者会見で「新たな挑戦。期待していただいた皆さんのために結果を残したい。4階級制覇という大きな目標を掲げて決断した」と復帰理由を説明。昨年12月に日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出して所属先の井岡ジムを離れており、今後はスポンサーのパチンコメーカー「SANKYO」に所属して米国を拠点にする。再起戦は軽量級トップ選手を集めたイベント「スーパーフライ3」で、対戦相手は後日発表される。

 井岡は昨年5月に歌手の谷村奈南さんと結婚後、結婚に反対した父の一法・同ジム会長と疎遠になってジムか…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです