メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

猛暑の週末、大勢のボランティア活動

土砂が流れ込んだ農機具置き場の片付けを手伝うボランティアたち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月21日午前9時38分、幾島健太郎撮影

 西日本豪雨の被災地は21日、再び週末を迎えた。各地から駆け付けたボランティアは猛暑の中、がれきや土砂の撤去などの活動を続けた。幹線道路の復旧も進み、国道2号は同日夕、広島県内の通行止めが全て解消。15日ぶりに全線で通行できるようになる見込み。

 岡山、広島、愛媛各県は21日も高気圧に覆われておおむね晴れ、予想最高気温は▽岡山市35度▽広島市36度▽松山市35度--など。岡山県倉敷市は午前9時には3…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです