メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

猛暑の週末、大勢のボランティア活動

土砂が流れ込んだ農機具置き場の片付けを手伝うボランティアたち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月21日午前9時38分、幾島健太郎撮影

 西日本豪雨の被災地は21日、再び週末を迎えた。各地から駆け付けたボランティアは猛暑の中、がれきや土砂の撤去などの活動を続けた。幹線道路の復旧も進み、国道2号は同日夕、広島県内の通行止めが全て解消。15日ぶりに全線で通行できるようになる見込み。

 岡山、広島、愛媛各県は21日も高気圧に覆われておおむね晴れ、予想最高気温は▽岡山市35度▽広島市36度▽松山市35度--など。岡山県倉敷市は午前9時には3…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです