メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校教諭

教員の勤務時間抑制を 給特法改正求め活動

「教員の働き方改革に給特法改正は必須」と訴える教諭=伊澤拓也撮影

 教員の勤務時間が長くなるのは、教職員給与特別措置法(給特法)が残業を自主的な労働とみなしているのが原因だとして、現役の高校教諭が改正を求めて活動している。今年2月から、首相や文部科学相に同法改正を求めるインターネット署名を始め、6月に刊行された「教師のブラック残業」(学陽書房)の編著も務めた。教諭は「傍観していては何も変わらない。教員一人一人が声を上げてほしい」と呼びかけている。

 教諭は中部地方の公立高校に勤務する30代男性。部活動の全員顧問制度に疑問を持ち、ツイッターで「斉藤…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです