メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校教諭

教員の勤務時間抑制を 給特法改正求め活動

「教員の働き方改革に給特法改正は必須」と訴える教諭=伊澤拓也撮影

 教員の勤務時間が長くなるのは、教職員給与特別措置法(給特法)が残業を自主的な労働とみなしているのが原因だとして、現役の高校教諭が改正を求めて活動している。今年2月から、首相や文部科学相に同法改正を求めるインターネット署名を始め、6月に刊行された「教師のブラック残業」(学陽書房)の編著も務めた。教諭は「傍観していては何も変わらない。教員一人一人が声を上げてほしい」と呼びかけている。

 教諭は中部地方の公立高校に勤務する30代男性。部活動の全員顧問制度に疑問を持ち、ツイッターで「斉藤…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文933文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです