メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルリン五輪

観客目線の映像 兵庫でデジタル化

 祖父がフィルム撮影した1936年のベルリン五輪の映像を兵庫県芦屋市の川口辰郎さん(66)がデジタル化した。ベルリン五輪は聖火リレーと共にテレビ中継が初めて導入され映像が残るが、それとは異なり、日本選手らの活躍がスタンドの観客目線から記録されている。専門家は「権力者や報道の視点ではなく、当時の庶民の関心やスポーツ観を知る上で貴重な映像だ」と話している。【石川勝義】

 川口さんによると、同県尼崎市で肥料問屋を営んでいた祖父・小左次さん(故人)が日記や写真でベルリン五…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1610文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです