メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルリン五輪

観客目線の映像 兵庫でデジタル化

 祖父がフィルム撮影した1936年のベルリン五輪の映像を兵庫県芦屋市の川口辰郎さん(66)がデジタル化した。ベルリン五輪は聖火リレーと共にテレビ中継が初めて導入され映像が残るが、それとは異なり、日本選手らの活躍がスタンドの観客目線から記録されている。専門家は「権力者や報道の視点ではなく、当時の庶民の関心やスポーツ観を知る上で貴重な映像だ」と話している。【石川勝義】

 川口さんによると、同県尼崎市で肥料問屋を営んでいた祖父・小左次さん(故人)が日記や写真でベルリン五…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです