メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理研

AIで早期胃がん発見 精度、熟練医並み

 理化学研究所と国立がん研究センターは21日、人工知能(AI)を使って、内視鏡画像から早期胃がんを熟練医並みの精度で見つけることに成功したと発表した。

 検診に使えば見逃しを減らし、早期治療につながると期待される。研究チームは、医師の判断を支援する装置として実用化を目指すとしている。

 胃がんは自覚症状に乏しいため、進行してから発覚するケースが多い。また早期の場合、炎症との区別がつ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです