メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独首相

「米国との関係は最重要」関係改善目指す考え強調

毎年、夏期休暇前の恒例になっている記者会見に臨むメルケル独首相=ベルリンで2018年7月20日午前11時31分、メルリン・ズグエ撮影

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相は20日、国内外メディアを対象にした夏期休暇前恒例の記者会見で「米国との関係は我々にとって最重要だ」と述べ、米国と外交対話を通じた関係改善を目指す考えを強調した。

 トランプ米大統領はドイツの対米貿易黒字を批判し、多国間協力の象徴であるEUを「敵」と呼んで、鉄鋼・アルミ製品に対する対EU制裁関税を発動。ドイツなど北大西洋条約機構(NATO)加盟国に負担増を強く求めるなど、…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです