メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独首相

「米国との関係は最重要」関係改善目指す考え強調

毎年、夏期休暇前の恒例になっている記者会見に臨むメルケル独首相=ベルリンで2018年7月20日午前11時31分、メルリン・ズグエ撮影

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相は20日、国内外メディアを対象にした夏期休暇前恒例の記者会見で「米国との関係は我々にとって最重要だ」と述べ、米国と外交対話を通じた関係改善を目指す考えを強調した。

 トランプ米大統領はドイツの対米貿易黒字を批判し、多国間協力の象徴であるEUを「敵」と呼んで、鉄鋼・アルミ製品に対する対EU制裁関税を発動。ドイツなど北大西洋条約機構(NATO)加盟国に負担増を強く求めるなど、…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです