メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 柳谷和美さん「立ち上がる力を信じて」

「サバイバルサロンぷれぜんと」副代表の柳谷和美さん=大阪府吹田市で2018年6月5日、反橋希美撮影

性暴力サバイバーのための「サバイバルサロンぷれぜんと」副代表 柳谷和美さん

 性暴力被害者が、幸せに生きる今を語り合う場「サバイバルサロンぷれぜんと」を不定期で開いています。「あなたにも生き抜く力が備わっている、幸せになれるよ」というメッセージを伝えたいと思っています。

 私は5歳の時に隣に住んでいた友達の父親から、7歳の時にいとこから、性暴力に遭いました。行為の意味が分かったのは中学生の時。自分は汚れてる、いらない人間なんだと自暴自棄になりました。心に傷があることにも気づいてなくて、誰にも助けを求められなかった。加害者やその親を切り刻んでやりたい、と復讐(ふくしゅう)心や怒りでいっぱいでした。最初の結婚や子育てもうまくいかず、…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです