メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルゼンチン

高官「米最速利上げ、危機一因」 通貨ペソ急落に

アルゼンチンのギード・サンドレリス財務相筆頭補佐官=ブエノスアイレスで2018年7月19日、清水憲司撮影

 【ブエノスアイレス清水憲司】アルゼンチンのギード・サンドレリス財務相筆頭補佐官は毎日新聞のインタビューに応じ、ペソ急落による通貨危機について、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが「予想された中で最速ペースだったことが原因の一つ」と語った。一方、世界的な金融緩和が縮小に向かう中、「新たな環境を受け入れる必要がある」と述べ、財政再建に前倒しで取り組む考えを示した。

 アルゼンチンは今年に入り通貨ペソが急落し、物価は急上昇。大量に資金が海外流出して危機に陥ったため、…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです