メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒

SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高

北京市の人気レストラン「羅勒家」でも日本酒は人気だ=中国北京市内で2018年6月7日、赤間清広撮影

 海外で日本酒人気が急上昇中だ。日本国内の出荷量は減少が続くものの、海外では愛好者が着実に増え、2017年の輸出量は10年前から倍増。輸出額でも8年連続で過去最高を更新している。一方、現地生産の拡大などグローバル化に伴う新たな課題も浮上している。【加藤明子、北京・赤間清広】

 北京市中心部にある「羅勒家」(バジル屋)は、油を控えたヘルシーな中国料理が売りの人気店。ドリンクリストにはワインや中国酒に交じって佐賀県の地酒「春の海」があった。同店を経営する房蔚・最高経営責任者(CEO)は「日本酒は魚料理や肉料理に特に合う。中国でも日本酒好きがすごく増えているからね」と、日本酒をメニューに加える理由を語る。

 和食ブームの中国では日本食レストランがこの2年で倍増し、日本酒が市民に身近になりつつある。最近は羅…

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文2006文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです