メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/4 過酷な「特殊清掃」 厳粛な現場 見知らぬ誰かの生きた証し

特殊清掃の現場ではマスクとゴム手袋が必需品だ。時には2枚重ね、3枚重ねにする=千葉県習志野市で

 ひとり暮らしの人が増えていることを、私たちは知っている。その人たちが突然亡くなることがあることも、想像できる。だけどその後、その家や部屋を専門に掃除して片づける人については、あまり知られていない。発見が遅れれば、遺体は腐敗する。今回は、過酷で厳粛な「特殊清掃」の現場から報告したい。

 台所を過ぎ、1DKの6畳間に入ってまず目に飛び込んできたのは、おびただしい数の調味料だった。しょうゆ、ソース、ポン酢、ペッパーソース、それからチューブのからし、生ワサビ、生ショウガ。さらにコショウ、カレーパウダー、パルメザンチーズ、ふりかけ、シーザーサラダドレッシング。あとは、よく見る塩のビン。窓に向かって右手の、二つの低い台の上にぎっしり並んでいた。ためしに左手の冷蔵庫の中ものぞく。うどんや納豆の後ろ、ここにもケチャップや香辛料があった。

 遺品整理業「アイシン」(千葉市若葉区)専務の笠原勝成さん(49)と、特殊清掃の現場に入った。自宅で…

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2227文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです