メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『公家たちの幕末維新 ペリー来航から華族誕生へ』=刑部芳則・著

 (中公新書・972円)

公家政治の実態を伝える

 現代日本の幕末維新史のイメージは、いびつなものである。歴史知識に自信がある人でも、あるいはプロの歴史研究者でも、専門家以外は「公家」の政治や社会の実態を正確に理解している人は少ない。幕末の大名の概数は約280家。しかし、公家の概数を130~140家と即答する歴史ファンは少ない。

 大河ドラマなどの時代劇でも、公家の描かれ方は「公家は添え物」「優柔不断で頼りなく弱々しい印象」のス…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです