メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

「酒渣」と診断、治療法は=答える人・尾見徳弥先生(クイーンズスクエアメディカルセンター)

尾見徳弥先生

答える人・尾見徳弥先生(クイーンズスクエアメディカルセンター・皮膚科)

 Q 「酒渣」と診断治療法は

 頬が真っ赤になり、医師から「酒渣(しゅさ)」と診断されました。漢方薬を飲んでいますが治りません。血管が浮き出て、悩んでいます。(和歌山県、女性、87歳)

 A レーザーも効果的

 顔の血管が浮き出て赤みの強い状態は「毛細血管拡張症」であることが多く、酒渣の一種です。名称は飲酒で顔が赤くなることにちなんでいます。寒暖の差や飲酒、肌の炎症などをきっかけに鼻の脇から頬のあたりが赤くなり、徐々に消えなくなります。進行すると発疹の一種の「丘疹(きゅうしん)」や「膿疱(のうほう)」と呼ばれる小さな吹き出物ができることもあります。

 皮脂の分泌の調節がうまくいかずに起こる脂漏性皮膚炎などが一定期間続いた場合や紫外線、加齢の影響など…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです