メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【大相撲名古屋場所14日目】栃煌山(左)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月21日、兵藤公治撮影

14日目(21日・ドルフィンズアリーナ)

 関脇・御嶽海が平幕の栃煌山を降し13勝1敗とし、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。御嶽海は25歳で、平成生まれの優勝は2015年夏場所を関脇で制した照ノ富士以来2人目、日本出身力士としては初。

 長野県出身力士では、現行の優勝制度が確立した1909年夏場所以降、初の制覇になった。日本出身力士の優勝は昨年春場所の横綱・稀勢の里以来、8場所ぶり。

 アマチュア相撲の実績から15年春場所に幕下10枚目格付け出しでデビュー。所要21場所での初優勝は、…

この記事は有料記事です。

残り2822文字(全文3064文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです