メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

シリア料理×さいたま 家族と祖国の塩味

イラスト・佐々木悟郎

 午後6時40分すぎ、スマホのアプリから日没を知らせるアラビア語の声が響いた。さいたま市の静かな住宅街にあるアパート。シリア出身のヨセフ・ジュディさん(34)は床に座り、一言だけ祈りの言葉を口ずさむ。2人の子供が弾むように集まり、1歳の次女を抱えた妻ファルハさんが床に並べた料理を取り分け始めた。

 日中は水も食べ物も口にしないイスラム教の断食月(ラマダン)は今年は5月16日に始まった。食事はイフタールと呼ばれる日没後の夕食と、日の出前の朝食の2回だけ。断食後の食事は格別だ。

 この日、ファルハさんが作ったのはシリアの代表的な家庭料理マクルーバ。ジャガイモや牛肉を塩などで味付…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです