メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界債務

過去最高2.8京円に 量的金融緩和が原因

世界全体の債務残高の推移

 世界全体の債務が急増している。国際金融協会(IIF)の調べによると、2018年1~3月期の残高は前年比約11%増え、過去最高の247兆2000億ドル(約2京7800兆円)になった。ドル建てが多く、米国の利上げやドル高が引き金になり、返済に困る新興国が出て市場が混乱する恐れがある。南米アルゼンチンで21日に開幕した主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で議論になりそうだ。

 債務の急増は、日米欧の中央銀行が世の中のお金を増やす量的金融緩和政策を長く続けたためだ。市場にあふ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです