メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

思い出のピアノもハンマーで 倉敷・真備

 西日本豪雨で大規模な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区。小田川の支流、真谷(まだに)川の堤防が決壊した真備町服部地区は、今も田畑に水が残ったままで、壊れた農機具などが放置されていた。

 同地区の民家では21日も、猛暑の中、住民らが後片付けに追われていた。週末を利用し、実家の片付けに来たという愛知県長久手市の男性(44)は「豪雨の時、…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです