メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
沼津市

日露友好160年祝う 戸田港まつり開催

戸田港を出発する日露両国のパレード参加者=沼津市戸田で、2018年7月21日午後1時9分、石川宏撮影

 ロシアゆかりの沼津市戸田(へだ)で21日、戸田港まつりが開かれ、日露両国の参加者が港からロシア提督プチャーチンが滞在した宝泉寺まで約600メートルをパレードした。今年は「日本におけるロシア年」。ロシア連邦議会のコンスタンチン・コサチョフ露日議会間・地域間協力支援協議会長も参加。パレードに先立ち日露議員間の会談やシンポジウムも開かれた。

     日露国交樹立のため下田にいたプチャーチン乗船のディアナ号は1854年に安政東海地震に伴う津波で難破。帰国のため、戸田でヘダ号を建造した。プチャーチンは、ヘダ号完成の55年3月まで宝泉寺に滞在した。

     パレードは日差しが照りつける午後1時出発。プチャーチンに扮(ふん)したロシア人らが歩いた。宝泉寺ではロシア兵の追悼式が営まれ、墓前に参加者が献花した。コサチョフ会長は「露日友好の始まりの地でパレードに参加でき感動している」と謝辞。頼重秀一・沼津市長は「戸田の人々が約160年間つないできたロシアとの絆を、今後の日露関係、沼津市とロシアとの関係につなげたい」と話した。【石川宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
    4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです