メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海が初優勝 日本出身8場所ぶり

【大相撲名古屋場所14日目】栃煌山(左)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月21日、兵藤公治撮影

 関脇・御嶽海が平幕の栃煌山を降して13勝1敗とし、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。御嶽海は25歳で、平成生まれの優勝は2015年夏場所を関脇で制した照ノ富士以来2人目、日本出身力士としては初めて。

 長野県出身力士では、現行の優勝制度が確立した1909年夏場所以降、初の制覇になった。日本出身力士の優勝は昨年春場所の横綱・稀勢の里以来、8場所ぶり。

 アマチュア相撲の実績から15年春場所に幕下10枚目格付け出しでデビュー。所要21場所での初優勝は、…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです