メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラオ

環境保護誓約求め 外国人は入国時に署名 制度半年、8万人拒否なし

パスポートに押された「パラオ・プレッジ」(日本語版)のスタンプ。ほかに英語、中国語、韓国語版がある=駐日パラオ大使館提供

 「自然に消える以外の痕跡は残しません」--。外国人観光客による環境破壊が深刻な太平洋の島国パラオが、入国時に環境保護の誓約を求める制度「パラオ・プレッジ(誓約)」を始めた。開始半年で8万人以上が署名し、拒否した人はいない。観光と環境保護の両立は難しいが、専門家は「他の地域でも参考になる取り組みだ」と注目している。【荒木涼子】

 パラオ・プレッジは昨年12月に始まった。入国審査時に「客人として美しくユニークな島を保護することを…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです