メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京

 セクハラ問題による前市長の辞職に伴う狛江市長選は22日、投開票された。無所属の新人2人による一騎打ちとなった選挙戦は、元副市長の結婚相談会社社長、松原俊雄氏(66)=自民、公明推薦=が初当選した。元市議の田中智子氏(60)=共産、自由、社民、狛江・生活者ネットワーク推薦=は敗れた。投票率は45・31%(前回47・01%)だった。当日有権者数は6万8526人(男3万2908人、女3万5618人)。

 市長選は、複数の女性職員へのセクハラ行為が暴かれ、高橋都彦前市長が辞職に追い込まれたことに伴って実…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです