メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

猛暑と水の話=小田原支局長・澤晴夫 /神奈川

 猛暑続きの中で、秦野市が販売する「おいしい秦野の水~丹沢の雫」の売れ行きが好調らしい。ペットボトル500ミリリットル入りで、自販機だと110円。販売ルートが限られているから爆発的とはいかないが、今月の売り上げは昨年同月(約1万3000本)の販売本数を大幅に上回りそうな勢いだという。

 丹沢の山並みを望む市内には「秦野盆地湧水(ゆうすい)群」があり、1985年に環境庁(当時)から「全国名水百選」に選定された。当初は災害時の非常用飲料としていたものを、2008年から「おいしい秦野の水」として販売を開始した。

 日本水道協会のホームページによると県内では秦野市と同様に、県と横浜、川崎、座間の各市でペットボトル…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです