メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

前原一誠を島根で語り継ぐ /島根

 以前の当欄にも書きましたが、この1年ほど司馬遼太郎の小説を読みあさっています。今年に入って西郷隆盛を描いた「翔ぶが如く」、幕末長州にスポットを当てた「世に棲む日日」を読み終えたころに決まったのが、4月からの松江支局勤務でした。

 この2作を読むまでは、戊辰戦争で活躍し、その後の不平士族による「萩の乱」を起こした長州の前原一誠についてよく知りませんでした。が、読んだ直後なので前原が萩の乱後に日本海を敗走し、流れついた島根県の小さな港町で捕縛されたことは印象にありました。松江で勤務するならぜひその港に行きたいと思っていました。

 慣れない支局長業務で日々が過ぎるなか、山陰中央新報に見つけたのが「ゆかりの宇龍港などを巡る第1回全…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1205文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです