メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

汚染土壌 洗浄目標4倍に緩和 県、住民と協議せず /香川

 豊島(土庄町)にある産業廃棄物処分地の一部の汚染土壌に関し、県が住民の意見を聞かずにダイオキシン類の洗浄目標値を当初の4倍に緩和していたことが判明した。土壌を2度洗浄しても目標値に達しなかったためで、住民側は反発。県はこの土壌を改めて洗浄する方針を示した。

 高松市内で22日にあった「第4回豊島処分地地下水・雨水等対策検討会」(座長=中杉修身・国立環境研究所客員研究員)で明らかになった。

 処分地西側の汚染土壌372トンについて、県は洗浄後に埋め戻すとしていた。その上で海への流出を懸念。…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
  3. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  4. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです