メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

野球やサッカーばかりではない…

 野球やサッカーばかりではない。書道、競技かるた、吹奏楽、なぎなたもある。学校の部活動を題材にした映画やドラマが花盛りだ。一方、指導する教師の忙しさが指摘されて久しい▲富山県内の公立中学校に勤務し、2016年夏にくも膜下出血で死亡した40代の男性教師が過労死認定された。運動部の顧問で、発症直前2カ月の時間外勤務はそれぞれ120時間前後。このうち部活の指導が約7割に達し、土日の休みはほとんどなかったという。熱心な先生だったに違いない▲部活では教師だけでなく生徒の負担も重くなりがちだ。夏休みや冬休みは部活に拘束される時間がむしろ長くなる。大会で優勝すれば充実感もあるだろう。だが心身とも疲れ果ててしまう生徒がいる。彼らは小さいころから学習塾や習い事を掛け持ちするほど忙しい▲昭和ひとケタ生まれの作家、藤沢周平さんは故郷の山形で2年間、教師をしたことがある。「動機の何分の一かは、教師には夏休み、冬休みがあるということだった」とエッセーに書いている▲小学生の時に出会った恩師にも強い影響を受けた。若くて優しい兄のような担任だった。夏休みには20人ほどの生徒を連れて海辺の民宿に10日間以上泊まり込んだ。一緒に泳ぎ、合間に勉強し、布団の畳み方を教わったという▲藤沢さんは「教師になろうとしたとき、私は明らかに先生のことを考えていた」と記した。時代の移り変わりとともに教育現場にゆとりがなくなり、大事な時間が失われた気がする。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
    5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです