メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

身もフタもない=山田孝男

山田孝男・特別編集委員

 「身もフタもない」という時の「身」とは、フタの付いた容器の、フタを除く本体部分を言う。

 つまり、「身もフタもない」とは、本音がむきだしで、「露骨すぎて、情味も含蓄もない」(広辞苑)状態のことである。

 参院定数「6増」改革は自民党の、身もフタもないお手盛りだった。

 民主主義において、政治の決定プロセスで垣間見える政治家の「情味(人間的あじわい)」や答弁の「含蓄」は重要である。

 「6増」案の審議にはそれが欠けていた。

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです