メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

財務相会議 貿易戦争に「懸念」 対立緩和の糸口つかめず

G20財務相・中央銀行総裁会議の記念写真に納まる麻生太郎財務相(前列左から2人目)や黒田東彦日銀総裁(同左端)、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長(同右端)ら=ブエノスアイレスで2018年7月21日、清水憲司撮影

 【ブエノスアイレス清水憲司】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は21日の初日の討議で、米国発の貿易戦争を巡り、日本を含む大多数の国が「世界経済のリスクが高まる」と懸念を表明した。G20はこうした懸念を盛り込んだ共同声明を採択する調整に入ったが、対立緩和の糸口はつかめていない。

 麻生太郎財務相は会議で「内向き政策はどの国の利益にもならない」と述べ、中国や欧州連合(EU)などと米国の間で深まる貿易摩擦に改めて警鐘を鳴らした。トランプ米政権は自動車・同部品の輸入制限も検討中で、各国から特に強い批判が上がったという。

 G20は声明で米国に対話を促す方針だが、米メディアによると、ドイツのショルツ財務相は「具体的な進展…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文893文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです