メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

河井寛次郎どんな人? 色彩も造形も極めた陶工 言葉にも多くのファン=回答・高橋咲子

河井寛次郎

 なるほドリ 僕は最近、器にはまっているんだ。河井寛次郎(かわいかんじろう)さんという人の作品がすてきだと思うんだけど、どんな人だったの?

 記者 1890(明治23)年、島根県安来(やすぎ)で生まれた陶芸家ですね。窯元(かまもと)の下で修業するのではなく、東京高等工業学校(現東京工業大)窯業(ようぎょう)科や、卒業後に入所した京都市立陶磁器試験場で技術を磨いたんです。柳宗悦(やなぎむねよし)や浜田庄司らと共に日用の雑器など生活の中に美を見いだそうとした「民芸運動」の提唱者の一人でもあります。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです